日本一長いそうめん 「和泉手延長そうめん」

¥ 850 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 地域別送料

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 800円
    • 東北

      • 青森県 500円
      • 岩手県 500円
      • 宮城県 500円
      • 秋田県 500円
      • 山形県 500円
      • 福島県 500円
    • 関東

      • 茨城県 500円
      • 栃木県 500円
      • 群馬県 500円
      • 埼玉県 500円
      • 千葉県 500円
      • 東京都 500円
      • 神奈川県 500円
      • 山梨県 500円
    • 信越

      • 新潟県 500円
      • 長野県 500円
    • 北陸

      • 富山県 500円
      • 石川県 500円
      • 福井県 500円
    • 東海

      • 岐阜県 500円
      • 静岡県 500円
      • 愛知県 500円
      • 三重県 500円
    • 近畿

      • 滋賀県 500円
      • 京都府 500円
      • 大阪府 500円
      • 兵庫県 500円
      • 奈良県 500円
      • 和歌山県 500円
    • 中国

      • 鳥取県 500円
      • 島根県 500円
      • 岡山県 500円
      • 広島県 500円
      • 山口県 500円
    • 四国

      • 徳島県 500円
      • 香川県 500円
      • 愛媛県 500円
      • 高知県 500円
    • 九州

      • 福岡県 500円
      • 佐賀県 500円
      • 長崎県 500円
      • 熊本県 500円
      • 大分県 500円
      • 宮崎県 500円
      • 鹿児島県 500円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,200円

※12,000円以上のご注文で送料が無料になります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

200年程前の江戸時代中期から
ここ愛知県安城(あんじょう)市和泉(いずみ)町に伝わる
“手延べそうめん”は、
「和泉そうめん」と言われる程、
昔から名物とされ、
いまや全国的に多くの方々に親しまれているそうめんです。

≪由来≫

江戸時代の天明の飢饉(1782~1787)の頃、
水利が悪く“麦”しか出来なかった和泉地区で、
農民が貧困から逃れるために副業としてそうめん作りを覚え
広まったとされています。
一時は、和泉地区を中心に60~70軒も製麺所があったと言われています。
今ではその軒数も減り、
昔ながらの7製法で長そうめんを作っているところは
当製麺所を含め数軒となっています。

≪特徴≫
=200年変わらぬ長さ 日本一の長そうめん !!=
「長そうめん」の“長”とは、
約3m60cmもの長さまで伸ばして作り、
その長いままを商品としていることを指しています。

なぜ、約3m60cmも長いのか??

昔、麺を伸ばす時に使う道具として
木造家屋に使用される“貫(ぬき:柱などに通す水平材のこと)”と
呼ばれる木材を用いたことから
そうめんを長~く伸ばすようになり
この貫が昔の尺度で2間分(1間いっけん:約1m80cm)あったことから
日本一長いそうめんが出来上がりました。
それを今も変わらず長~いそうめんを作っています。

=【半生麺】のそうめん はここだけ=
半生麺とは、
一度乾燥させた麺に湿度を上げることで水分を含ませて
柔らかくなった麺のことを言います。


この【半生麺】の長そうめんが出来たのは
安城市和泉町がある三河地区独特の気候のおかげです。

一般的に「そうめん」は寒い冬に作られ、乾麺が主流ですが
「和泉長そうめん」は、
全国的にも珍しく暑い夏に製造します。

この三河地区の夏は、昔から日中蒸し暑く
夕方ころになって来ると油が淵(碧南市)を渡って吹いてくる
湿った風が吹いてくる環境でした。
この自然の力を利用して
日中の陽射しで麺を完全に乾燥させた後
湿った風にあてて麺を柔らかい状態にもどす
『半生もどし』と言われる製法が生まれました。

この製法で出来た【半生麺】は
生麺のようなモチモチ感が残り
一度乾燥させているので、ある程度保存が効くのが特徴です。

この独特の「手延べ製法」で生まれるモチモチしたコシと
この“半生もどし”による生麺のようなモチモチ感と
ダブルで麺の美味しさを引き出しています。

間杉手延製麺所では、毎年夏場は
深夜2時から作業を始めています。
昔と変わらぬ伝統技法で作られる「長そうめん」
ぜひ、ご賞味ください。