和泉手延長そうめん360g x 4袋

¥ 3,500 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 地域別送料

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 800円
    • 東北

      • 青森県 500円
      • 岩手県 500円
      • 宮城県 500円
      • 秋田県 500円
      • 山形県 500円
      • 福島県 500円
    • 関東

      • 茨城県 500円
      • 栃木県 500円
      • 群馬県 500円
      • 埼玉県 500円
      • 千葉県 500円
      • 東京都 500円
      • 神奈川県 500円
      • 山梨県 500円
    • 信越

      • 新潟県 500円
      • 長野県 500円
    • 北陸

      • 富山県 500円
      • 石川県 500円
      • 福井県 500円
    • 東海

      • 岐阜県 500円
      • 静岡県 500円
      • 愛知県 500円
      • 三重県 500円
    • 近畿

      • 滋賀県 500円
      • 京都府 500円
      • 大阪府 500円
      • 兵庫県 500円
      • 奈良県 500円
      • 和歌山県 500円
    • 中国

      • 鳥取県 500円
      • 島根県 500円
      • 岡山県 500円
      • 広島県 500円
      • 山口県 500円
    • 四国

      • 徳島県 500円
      • 香川県 500円
      • 愛媛県 500円
      • 高知県 500円
    • 九州

      • 福岡県 500円
      • 佐賀県 500円
      • 長崎県 500円
      • 熊本県 500円
      • 大分県 500円
      • 宮崎県 500円
      • 鹿児島県 500円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,200円
通報する

日本で一番長いそうめんは、愛知県安城市和泉町で作られている「和泉手延長そうめん」。 江戸時代中期、飢饉から逃れるために編み出された手延麺の技法を受け継ぎ、今も手延べ製法で作られています。 そうめんは冬場に作られる乾燥した麺が一般的ですが、和泉長そうめんは「半生麺」で夏場に作ります。 夜明け前から仕込んだ麺生地を手間と時間をかけて約3m60cmもの長さまで延ばし、夏の暑い日差しで乾燥させた後、夕方からの湿った風で半生の状態にし、 長いまま袋詰めします。喉越しの滑らかさともちもちしたコシが特徴です。